モビット 即日融資

モビットで即日融資を受けるには

最近では、どのカードローンでも即日融資をうたっていますが、現実には、審査に時間がかかったりと即日契約できないところもあります。在籍確認のための勤務先への電話連絡がないということで人気の三井住友銀行グループのモビットの場合はどうでしょうか。もちろん、モビットでも即日融資を宣伝していますが、現実はどうなのでしょうか。

 

まず、即日融資を可能にするための必須条件とは、何といっても審査時間を短縮化することです。審査時間が長くかかることで当日中の契約ができるかどうかが決まりますので、長くても審査時間は1〜2時間以内で済ませる必要があります。その為には、なるべく人的作業を少なくし、審査の自動化を進めなければなりません。申込み確認のための本人確認や在籍確認のための勤務先への電話連絡は、人的作業となりますので時間のかかる部分です。

 

その点、モビットの審査では、電話のやり取り無し、在籍確認のための勤務先への電話連絡を無し、ということが基本となりますので人定作業にかかる時間は少なくなり、審査時間の最短30分を実現させています。従って、モビットでは、審査を素早く出せますので、契約完了までもスピーディーに進めることが可能です。

 

前述の電話でのやり取り無し、在籍確認のための勤務先への電話連絡を無しを実現しているWEB完結では、契約完了後に平日14時50分までに振込依頼をかけることで即日融資を受けることができます。時間が過ぎると翌営業日対応となりますので注意が必要です。

 

自動契約機の場合には、契約完了後にその場でカードを取得しATMを利用することで即日融資を受けることが可能となります。WEB完結で契約した場合でも、カードを取得したいときには自動契約機で発行することができます。自動契約機は、土日祝日含む9〜21時営業していますので、営業時間には注意が必要です。

 

このようにモビットでは、契約完了後に14時50分までに振込依頼をするか、営業時間内に自動契約機でカードを取得できれば即日融資を受けることが可能です。また、振込サービスの場合には、手数料無料で振り込んでもらうことができますが、提携先ATMを利用する場合には、108〜216円の手数料がかかります。

 

モビットには自社ATMはありませんが、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、E-net、ローソンATMなど全国10万台以上のATMを利用することができます。