モビット 金利

モビットの金利は自分では決められない

モビットの金利は3.0%〜18.0%となり、この範囲内でモビットが決定します。自分で利率を決めることはできず、審査結果に従うことになります。初回融資の場合は上限の18.0%になるのが普通であり、3.0%という金利はほとんどの方には適用されません。

 

金利帯に幅が設けられている理由は、高額融資になるほど低金利で融資をするためです。どのようなローンにも言えることですが、借入が大きくなると金利も下がるのです。貸金業者としては高額融資をすれば、利率を引き下げても大きな利益を得ることができます。逆に少しの融資で低利率を設定してしまえば、利益はほとんど出ないでしょう。

 

モビットの審査が終了するまでは、何%で借入できるか予測もできません。そのため18.0%になると考えておいたほうが安心だと言えます。利率によって毎月の利息は変わってくるので、事前に何%か知っておく必要があるでしょう。ただ審査終了後まではわからないので、上限金利の18.0%でシミュレーションすることをおすすめします。

 

モビットの実質年率は大手消費者金融としては普通です。地域密着タイプの業者と比べると、1〜2%程度上限が低く設定されています。銀行と比べるとやや利率は高いですが、これはモビットが銀行系に属するためです。銀行系は銀行とは別物であり、ノンバンク系の業者になります。もともとは単独の消費者金融として活動していたモビットですが、銀行と資金提携をすることで銀行系になったわけです。ただ純粋な銀行ローンとは異なるため、総量規制の対象になるなど消費者金融と同じ傾向が見られます。

 

モビットの利率は審査前の段階では教えてもらうことができません。一つ言えることは最高でも18.0%なので、例えば20.0%を上限とする金融機関よりはお得に借りられる可能性が高いことです。年率が低いほど利息は減るので、毎月無理なく確実に返すことができます。これにより利用履歴が好ましいものとなり、今後の増額融資にもつながるでしょう。

 

また他社で借りるときも有利になるため、延滞しないように返済していく必要があります。モビットの利率は自分で決められませんが、利息や返済総額は自分の工夫で変えることができます。利息・返済総額を最小限にするには、借入額を圧縮すること、返済を前倒しして早期完済することが大切です。利息は日ごとに発生すると考えておけば、短期間で返済するように工夫するはずです。