モビット 審査

ローン申込機で審査の申請が可能なモビット

お金を借りる際には、出来るだけ人と顔を合わせずに借りる事が出来ればと考える人もいる事でしょう。

 

デリケートな事のため、あまり銀行や金融機関の人と顔を合わせる事なく審査や申請が出来ると良いと感じている場合、モビットのローン申込機を活用してみてはいかがでしょうか。その名の通り、ローンの申請に関して申込機を利用して申請が可能となっているため、人と顔を合わせる事なく申請が出来ます。

 

このモビットのローン申込機を活用する事で、その日中にその場でカードの発行が可能となっています。カードをその場で受け取る事が出来るため、わざわざ郵送にてカードを待つ必要がありません。

 

そして審査には個人の情報を入力して審査の申請をする以外にも、免許証等の証明書の提出が必要ですが、郵送していると到着までに日数がかかりますが、この機械にはスキャンが搭載されているため、その場で提出する事が可能です。そして収入を証明するための収入証明書類の提出も同時に行えますので、審査への申請手順を一度に行えるメリットがあります。

 

日本各地にこの機械が設置されており、普段平日は仕事で朝から夜まで忙しい人でも利用が出来る様にと、土日でも利用が出来る様になっています。そのため仕事を抜けていく必要もなければ、休みを取得する必要もありません。

 

休日に出かける予定がある人は、買い物ついでに立ち寄る事も出来ますので、事前に機械が設置されている場所を調べておくと良いでしょう。モビットの機械は簡単なタッチパネル式となっており、もしその場でわからない事があれば、横に設置されている電話を通して実際に質問する事も出来ますので、人と顔を合わせずに質問が出来る様になっています。

 

モビットは大手銀行によるローンサービスとなっていますので、返済の際にも利用できるATMの数が多かったり、銀行口座を通して返済が可能となっています。返済に面倒な手間をかける事もなく、簡単に行える点も非常に便利といえるでしょう。

 

このローン申込機を通して取得したカードは今度、新たに借り入れをする際に必要となり、かつ個人の番号が記載されていますので、必ず大事に保管しておく様にしましょう。今度もしかするとまたローンの利用が必要となるケースが考えられますので、是非今後の利用も踏まえて保管しておく事をお勧めします。機械の設置場所は簡単にモビットのホームページから検索が出来ますので、是非一度検索をして近くのATMを探してみてはいかがでしょうか。

モビットの審査基準はどの程度?

「大人のモビット」というキャッチフレーズでも人気のモビットは、数あるカードローンの中でもかなり認知度が高く、利用者も多いことで知られています。人気俳優と人気女優が出演している親しみやすいテレビCMも繰り返し放送されており、大手都市銀行の関連会社が運営しているという安心感もあって、カードローンの初心者層からの支持が多いことも特徴です。

 

その他のモビットの特徴としては、web完結できる申込みシステムや、わずか10秒で簡易的な審査結果がわかる表示システムなどもあります。金利の幅も広く、諸条件を満たしている場合はより低い金利が適用されることも見込めるという点も嬉しいところです。

 

モビットで実施されているweb完結申し込みの基準は、モビット指定の銀行に口座を持っており、健康保険証を所有しているという条件がありますが、それを満たしている場合には全ての手続きをweb上で済ませることができる便利なサービスで、煩雑な手続きが苦手な方や家族に内緒にしたい方からも好評です。

 

さて、そのように便利なモビットの審査基準についての目安が気になるところですが、一般的なカードローン会社と同様に幅広い層からの利用が想定されているために、比較的審査基準については幅を持たせているという状況です。つまり、正規の会社員や公務員などの安定的な収入のある社会人はもちろん、パート主婦や派遣社員、アルバイトの学生などにもカードが発行されていることは見逃せません。

 

審査基準については、過去にキャッシングやクレジット関係での延滞が発生していたり、他社のカードローンを既に何枚も作成していたりする場合などの履歴がある場合については、審査落ちとなる可能性もあります。しかし、初めてのカードローン作成で、過去の履歴に特段の問題がなければカード発行が可能であるケースが多いです。

 

モビットは学生や自営業者の利用も多く、細かな基準は公開されてはいないものの、公式サイト上において「お申し込みいただける方」の条件として「年齢万20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」との記載がありますので、アルバイトや派遣社員、パートや自営業者も可能となっています。この審査基準を満たす場合であれば、カード発行の可否については可能性が高いと判断することができます。

 

モビットを利用したいと考えている人は上記の審査基準をふまえて申込みをしましょう。ご利用については貸付条件を確認して、借り過ぎには注意してください。

モビットで即日借入れする時の注意点

他の消費者金融の例に漏れず、モビットでも即日融資を利用することができます。ただ、モビットだけに限った話ではありませんが「状況によっては即日借入れが利用できない場合」があることは知っておく必要があります。知っていれば対応が出来る状況であったとしても、知らないばかりに即日借入れが出来なくて問題が起きてしまってはいけないのでしっかりと覚えておきましょう。

 

まず、モビットに申し込みをする時には方法を選択できます。一般的に良く利用されている方法は「インターネットもしくは電話による申し込み」です。この方法であれば来店不要で契約することができるので、来店する時間が無い場合でも利用できます。ただ、来店不要で借入れをするためには「銀行振込み」を利用することになるので、銀行が振り込み処理を完了できるかどうかをしっかりと確認しなくてはいけません。

 

基本的に銀行は「平日かつ15時までに受け付けた振り込み依頼」に関してのみ当日分として処理します。15時以降の申し込みや土日祝日に受け付けた振り込み依頼に関しては当日中の処理が出来ず、結果的に翌日以降(銀行の翌営業日)の開店直後に入金が完了することになってしまうので、即日借入れが出来なくなります。

 

このような場合、契約まではインターネットや電話で行った後、窓口や自動契約機を利用してカード発行や現金借入れをすることで即日融資を実現することができます。来店が必須となってしまいますが、その代わりに即日融資が利用出来る環境が広がるので必要に応じて選択することも考慮しておいた方が良いでしょう。

 

しかし、どうせ来店することになるのであれば最初から来店する方法で申し込みをした方が融資までの時間は短く済みます。窓口は地域によって利用できない可能性が高いですが、自動契約機ならば全国に設置があるので心配はいりません。自動契約機を利用した場合、その場で申込み〜カード発行までがすぐに完了します。その後に審査が完了して融資が可能な状況になればすぐにATMを利用出来るので非常に便利です。

 

モビットの自動契約機は「ローン申込機」と言う名称であること以外にも他社と違う点があります。それは「契約以前にカードを発行できる」と言う点で、それによって契約後はすぐにATMが利用できると言うメリットがあります。カード発行までの時間は最短5分程度と短く、例えば朝一で申込み・カード発行をしておいて営業終了までに契約を完了させると言う方法も可能な点が特長です。

モビットは在籍確認なしで利用できる

大手消費者金融のキャッシングサービスは、インターネットから24時間申し込みができて、尚且つ最短で即日キャッシングができるのが今日では当たり前のようになっています。
インターネットから申込をした後は、各消費者金融所定の審査を行い、その審査にパスすることでキャッシングサービスの利用が可能となるわけですが、どの消費者金融のサービスにも共通している審査の一つとして挙げられるのが、勤務先への電話での在籍確認となります。
この在籍確認は返済能力の確認や申請事項の確認のために行われ、審査項目の中でも最も重要なものの一つとなっています。

 

在籍確認の電話はどのように行われる

確認の電話をかける際には、キャッシング会社の方もプライバシーに配慮してくれ、基本的には担当者の個人名でかけてくれます。
また申込者がその勤務先に在籍していることが確認できれば、それで大丈夫となるので、必ずしも申込者本人が電話に出る必要はなくなっています。

 

在籍確認をなくすことはできるのか

電話は個人名でかかってくるので、職場の同僚や上司にキャッシングの申込をしたことがバレてしまうリスクは非常に低いといえますが、それでも職場に電話が来ることに抵抗がある人もいるでしょう。
そんな方におすすめとなるのがモビットのキャッシングサービスになります。モビットのキャッシングは「web完結申込」で申込と契約手続きを行うことで、職場への確認の電話を省略してキャッシング契約を行うことができるのです。

 

モビットをweb完結申込で契約するには

モビットのキャッシングを「web完結申込」で契約する場合には、通常のキャッシング契約とは準備物が異なる点に注意が必要です。
まず返済についてですが、口座振替返済に限定され、返済用口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。
また勤務先を確認するための書類として、社会保険証か組合保険証の写しが必要ですし、直近の給与明細の提出も必要となっているのです。
もちろん、通常の審査書類である、本人確認書類や収入証明書類も必要です。

 

まとめ

モビットの「web完結申込」は通常のキャッシング申込よりも多くの準備物が必要となりますが、用意さえできれば、職場に在籍確認の電話がかかってこずに、最短で即日キャッシング利用を行うことができます。
来店不要でキャッシング契約をしたいという人はもちろん、誰にも知られることなくキャッシング契約をしたいという人におすすめです。

モビットの利率が低くなった理由

現在のモビットの利率は3.0%〜18.0%となっています。つい最近までは4.8%からの融資になっており、かなり前には9.8%から設定されていたこともあります。ただ、上限利率の18.0%は以前から変わっておらず、これは利息制限法の観点からです。

 

モビットの利率が下がった理由は、限度額が増えたことが一番の理由でしょう。限度額が300万円の時代もありましたが、500万円、800万円と段階的にアップしていきました。そのたびに最低金利の部分が下がっており、現在は3.0%から設定されています。

 

ただし、最高金利の部分は以前と同じなので、ほとんどの方は利率が下がってもあまり実感はできないかもしれません。モビットなどの消費者金融ローンは、高額融資用ではありません。現在のモビットは800万円に対応していますが、ここまで借りる方はほとんどいないでしょう。

 

総量規制の対象となるので、たくさん借りるためには相応の年収が必要となります。800万円を希望する方は、少なくとも2400万円の年収がないといけません。実際にこれほどの高額融資を受ける方は少なく、限度額が500万円のころも満額まで借りる方は少数派でした。500万円を借りるにしても、1500万円以上の年収は必須になるのです。

 

ほとんどの方はモビットから借りられる金額は100万円以内になると考えていいでしょう。キャッシングの利用で知っておきたいのは、年収の3分の1まで確実に借りられるわけではないことです。年収の3分の1とは借りられる上限であり、実際の融資はもっと少なくなると考えていいでしょう。

 

モビットからの借入が100万円以下になると考えるならば、実質年率の最低金利の部分が下がってもあまり意味はないと言えます。最高金利の18.0%については、大手ノンバンクと同水準となっています。特別に低金利ではありませんが、街金よりはやや有利という感じです。街金の中には今でも20.0%で貸出しているところがあります。

 

利息制限法では10万円未満の融資において、20.0%の利率を認めています。そのためこの利率は違法ではありませんが、ほとんどの業者は18.0%を最高金利に設定しているのです。モビットで融資を受けられる方も、18.0%を想定しておけば安心でしょう。金利によって利息が左右されるので、利息を多めに見積もってシミュレーションしておけば安全です。無理な借入をしないことが利息を減らすために大切なのです。

更新履歴